頭金10万円ではじめる不動産投資

マンション投資のアレコレや恵比寿周辺のランチ事情などをお伝えいたします。

白色申告者の6割が、平成26年からの記帳義務化を知らない!?

みなさん、こんにちは。東京ワンルーム運営事務局です。

 

今年から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます。

いままでは、記帳・帳簿等の保存制度の対象者は、白色申告の方のうち前々年分あるいは前年分の事業所得等の金額の合計額が300万円を超えた方でしたが、今後はサラリーマン大家でも記帳・帳簿等の保存を行う必要があります。

f:id:tokyooneroom:20140207105908j:plain

 

 

 

会計ソフトでおなじみの弥生が2月4日付で「個人事業者の確定申告に関する調査」結果を発表しました。その中で、「白色申告者の6割が、平成26年からの記帳義務化を知らない」との結果がありました。「記帳義務化」の認知度は意外と低かったですね。

 

ちなみに、昨年の8月に「不動産所得 申告は正確に・税務当局が調査強化へ」という記事が出てましたね。(日本経済新聞・2013年8月28日・朝刊)その記事のなかに、都市部の税務署は不動産所得に関心を強めているとの記載もあり、今後、調査を強化する可能性があることを示唆していました。

 

投資用マンションの記帳は簡単なので、今年からは少々面倒でもまめに記帳しましょう!

 

国税庁の帳簿様式例

f:id:tokyooneroom:20140207102116j:plain

 

 

東京ワンルームのホームページにはこの制度の説明会や平成26年1月からの記帳・帳簿等の保存制度についての詳細が確認できる国税庁ホームページのリンクを記載しています。

▷ http://tokyooneroom.com/nta.html

 

 

 

f:id:tokyooneroom:20160321181558j:plain