頭金10万円ではじめる不動産投資

マンション投資のアレコレや恵比寿周辺のランチ事情などをお伝えいたします。

投資用マンションローンの使い方について思うところがあり・・

みなさん、こんにちは。東京ワンルーム運営事務局です。

 

今日は投資用マンション購入の際にローンを利用する方が多いので、ローンの使い方について書いていこうと思います。

 

さて、突然ですが以下のような条件の場合、AとBのどちらがトータルリターンが高いでしょうか?

 

物件:渋谷区の中古マンション

価格:2000万円 賃料:126万円/年 管理費等:16万円/年

融資:1500万円 頭金:500万円

ローンは当社提携金融機関、利率は長プラ変動で2.00%、返済期間は10年~35年となります。

 

 

〈購入方法 A〉

ローンの期間を最長の35年とする持ち方を選択した場合。

ローン返済額:約60万円/年

収支:50万円/年

 

〈購入方法 B〉

ローンの期間を20年とする持ち方を選択した場合。

ローン返済額:約91万円/年

収支:19万円/年

 

 

 

 

簡単なので考えるまでもないですかね。

AとBの違いは基本的には支払利息の額だけです。

 

Aの支払利息合計:35年間で約587万円

Bの支払利息合計:20年間で約322万円

 

Bを選んだ方はAの方よりも手取の収入が265万円も多いことになりますね。

しかも、Bは金利変動リスクの期間も短いのでより安心です。

 

Aの返済予定

 

f:id:tokyooneroom:20140205174848j:plain

 

Bの返済予定

 

f:id:tokyooneroom:20140205174849j:plain

 

 

 

 

マンション投資を始める際には目的にあったローンの使い方が必要です。

 

ちなみに、今回は単純にローンの計算だけをしましたが、目的や状況によってはあえて長期のローンを使った方が得する場合もあるんです。

 

マンション投資を検討中の方で最適な運用プランが見つからない方は当方までお気軽にご相談ください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション投資セミナー 恵比寿ガーデンプレイスにて 平成26年3月16日13時より

f:id:tokyooneroom:20140204142625j:plain