ブロードブレインズグループのあれこれ

マンション投資のアレコレや恵比寿周辺のランチ事情などをお伝えいたします。

期間限定 クリスピークリームドーナツ×BARBAPAPA

クリスピークリームとバーバパパの期間限定コラボドーナツ

 

f:id:broadbrains1231:20180305151852j:plain

左 バーバママ 

中 バーバズー

右 バーバパパ

 

個人的には、バーバママのカラフルな髪飾りが立体的でオシャレ感があって好きです。とってもふわふわのドーナツ生地にチョココーティング、中はカスタードです。

 

3つ共に言えることですが、このドーナツのぎっしり感というか中身が詰まった感が、キャラクターのかわいらしさを引き立てています。

でも軽い口当たりというところも、POP感があって好き。

 

期間限定コラボのドーナツ、ひそかに毎回楽しみにしているのです。

今年の年始には。。。

2018年戌年のモチーフドーナツ

 

f:id:broadbrains1231:20180305152836j:plain

左 ラッキーパピーキャラメル (戌)

右 スノーマン 

 

このパピー(子犬)ドーナツも、耳がチョコダイジェスティブクッキーだったのが気にいりました。中のキャラメルクリームとの組み合わせも大満足。

 

ロサンゼルスでは、ダンキンドーナツ派、地元の老舗ドーナツ店派、ヘルシーベーカリー系派、そしてクリスピークリーム派で人気が分かれます。

わりとみんなこだわりがあって、自分はどこのどれが好きだからそこでしかドーナツは買わない的な姿勢を貫く友人やクラスメイトも結構いました。自分のお気に入りのドーナツ屋がなぜ他より良いと思うかを真剣に議論するのです。

そんな多様な顧客のニーズに応えるかのように、それぞれのドーナツブランドの持ち味もはっきりしています。そしてプライドをもって自社のブランディングをしているのがはっきり主張されているし、その差別化によってそれぞれが存続しているように感じました。顧客もまたそれを望んでいるのです。

 

日本のクリスピークリームドーナツは(私が利用しているのは渋谷の店舗ですが)、油が無臭でいつもフレッシュなので、とても食べやすいと思います。デザイン性も凝っているし、それを生かして他ブランドよりちょっとだけ贅沢路線を主張していけば、差別化が上手くいくような気がしますね。

 

日本でも、もっと色んな種類のドーナツが増えてくれると嬉しいです。

 

 

社長室 taeko